忍者ブログ

リコだけどリベラブログ

塩原だけど福森

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だといった方にとって適用されるのが移植診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入するオペレーションを行ない、その後、人工歯をつけるため、おおむねインシュアランス適用外となり、診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)も美味しく食べられます。



見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方に似つかわしい治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)です。
移植診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)による危険性を広く調べ立と思いますが、その情報に、移植を埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。



MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。移植には主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないといった問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えて下さい。インプラントは人工付け根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を造れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。もちろん創り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯といったものは金歯や差し歯とくらべても高額になるといった所以です。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは手当て(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)テクニックにも掛かっています。



口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかも知れません。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、移植の土台となっている骨にも悪影響が出るので、人工歯が役にたたないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や根元の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、移植の場合はどうでしょうか。移植は、移植体などと呼ばれる人工の付け根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するといった施術なのです。差し歯とくらべて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を造れるのが、移植の利点なのです。



移植の特質として永久に虫歯から免れますが、移植の周りが炎症を起こすことがあるようです。

移植治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。
もしも、移植の周りで腫れや出血があれば移植周囲炎を起こしているかも知れません。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。
最近よく耳にする移植は、何らかの原因によって歯の欠損が生じ立とき、付け根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、移植ならば人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
ただし、移植診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は完全に保険適用外なので保険適用の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)より高額になることを覚悟して下さい。
移植メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、まず何が大切かといったと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。かなり専門性の高い外科的治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それはもちろんのこと、メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の見とおし、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。最近話題になることも多い移植。
しかし、この診療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)法も決して万能ではなく、難点もあるといったことに気を付けて下さい。


最も重要な注意点は、移植メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は誰でも受けられる所以ではないことです。


いくつか例を挙げると、ガンで治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。
注意して下さい。長い期間と費用をかけたインプラントメディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、メディカルケア(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが欠かせません。移植自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R